こころドンマイDon't mind
医療関連書籍 心理関連書籍 医・心理関連リンク集 相互リンク オンライン書店比較 NEW HOT TOP
ジェネリック医薬品スーパードクター
 ジェネリック薬品が、家計を助けるという話は事実のようです。
ジェネリック薬品を嫌う医療機関もあると聞く一方で、患者さんが
どちらを選んでもかまいませんよという記入項目が、増えたそうです。
これは、処方箋の項目です。
医師が、先発の医薬品を選んだとしても、薬剤師と患者の話し合いの上
後発の医薬品に変更も可能だということです。
 後発性ともいわれているジェネリック薬品です。
まったく先発の医薬品と同じであるなら、もしも、それを服用していて
すでに効果を体験している人なら、安価になった後発性の薬品を
使えばいいということになるのでしょうか。
 私は、ここのところで疑問を感じています。
色々調べていますと、後発性の医薬品を製造するメーカーと、
先発薬品を製造するメーカーは異なっています。これは、当然
そうなると思います。何故なら、同じように作っても、同じ価格では
販売できないからです。
 医薬品が完成するまで、どれだけの時間や労力、お金、そして
実験動物たちの犠牲、治験に参加してくださる方たちの恩恵を
受けているか?おぼろげながらにも想像できます。
 これを開発費と考えると、先発医薬品が高価なのは、やむを得ない
のでしょう。政府は、医療費削減が目的で、ジェネリックを使うことを
奨励しているのだとしたら、恐ろしいことです。
 シロウトながら、私がもっとも疑問に感じているのは、ジュネリック
薬品を作る場合は、先発性の薬品とまったく同じものが製造できる
のだろうか?ということです。
 改善されて飲み易い形状になったものもあると聞きます。
服用する者にとっては、いいことです。しかし、何故、先発の時に
そうならなかったのかという不思議もありますし、そうすることで、
何かが変わり、効能が薄れるという理由でしなかったのではないか?
と、ついそんな風にも勘ぐってしまいます。
 薬は、万人に効果があるわけではありません。
そのブランドや、CMで流れているからなどという安易な指標で
選ばず、医薬品製造・・・命の重み・・・そんな企業理念を感じる
メーカーを見つけて、賢い選択をしていきたいと思っています。
2006/3/20 記