こころドンマイDon't mind
医療関連書籍 心理関連書籍 医・心理関連リンク集 相互リンク オンライン書店比較 NEW HOT TOP
家族の死小さきものの命
 父は57歳で亡くなりました。
腎不全でした。もうずいぶんと前のことです。
今の医療だったら助かっていたのにと母は悔しがります。
母の気持ちはわかりますが、当時の医療水準ではあれが、
いっぱいいっぱいだったと思います。
・・・・・・そう思わない事にはやりきれません。
そうでなかったら、死んでいった父親が浮かばれません。
亡くなるまでの12日間、母と弟とボクとで泊り込みで看病しました。
たとえ、寝ているだけのお父さんでもいい。
生きていてくれたるだけでいい。
そう思いました。
肉親と言うのは、本当にそう思うものなのですね。
尊厳死なんてことは考える隙間がないのです、頭の中にも心の中にも。
生かしたい。生きていて欲しい。
もう、この事だけで、頭の中がいっぱいになるのです。
死なれた時は、いろいろと雑多な用事に追いかけられて、
涙もでませんでした。
うちの家族、みんな そうでした。
弔問客がいなくなり、ご近所にあいさつをして、部屋に母と弟、
ボクの三人ぽっちになったとき、急にこみ上げてきました。
なにもしてあげられなかった。
心配のかけ通しだった。
今だったら一番の理解者になれる自信があるのに。
知人談
2000/10/12 記