こころドンマイDon't mind
医療関連書籍 心理関連書籍 医・心理関連リンク集 相互リンク オンライン書店比較 NEW HOT TOP
5月病に関連した書籍を、ご照会 次へ
その前に、5月病って どんなのかい?ってことを、お話します。
これは、以前にかかっていた心療内科の先生に聞いたことを、もとに
編集しました。
かかるのは、5月とは限りません。
50年代に、学生に対して使ったのが最初と言われています。
受験戦線を突破し、晴れて入学。4月は、わくわくとドキドキで、あっと
言う間に過ぎてしまいます。そして、5月になり、ふと、無力感に襲われ
ます。これは、新入社員や、配属が変わった会社員、引越しで見知らぬ
環境におかれた人。すなわち、子供にもおとなにも起きうることで、
季節は問いません。
 先にも書いたように、原因のひとつに環境の変化があります。
いきなり、原因から入ってしまいますが、このまま進みます。
【原因】
 精神的・肉体的疲労
 目標喪失(受験や、就職活動、ノルマ達成など)
 天候の変化 こんなことが、引金になるんか?と言うようなことも
あるらしく、感受性が強く、いささかネガティブな心の持ち主は、
要注意です。
【症状】
 人それぞれです。
 精神的には、『いらいら』『虚しい』『悲しい』『無力感』など
 肉体的には、『痛み』『朝、起き辛い』『食欲不振』『だるい』など
精神科にいくと、自律神経失調症や、適応障害などと診断される
らしいです。
 この精神的・肉体的状態が、緩和されないと、うつ状態になり自分は
存在価値のない人間なのではないか?などという自分を責める方向へ
向かうこともあります。
 あなたの ご家族、友人、部下、同僚は、大丈夫ですか?
 あなた自身は、いかがでしょうか?
完ぺき主義で、真面目で、消極的なタイプの人が陥りやすい症状
のようです。
 世の中、ケセラセラと笑い飛ばせる人ばかりだと、これもまた問題
ですが、深く考えもするが、埋没しない程度が、ほどほどでいいかと。
 次は、関連書籍のご照会です。